LOADING

日本の皆さん、こんにちは!
ピエール マルコリーニです。
私はブランドのコンセプトである「Bean to Home」を叶えるため、
カカオ豆を求めて今まで2,000,000kmの旅をしてきました。
この度、長い長い旅の必需品であるコンパスをモチーフに、ロゴを一新します。
新しいロゴのお披露目を兼ねて「Bean to Home」をテーマにした
Pop-up Storeを開催しますので、是非お越しください。
皆さんにお会い出来るのを楽しみにしています。

Pierre Marcolini
Couverture

クーベルチュール

ピエール マルコリーニが自ら農園に足を運び、厳選したカカオ豆を独自の製法で焙煎、精錬、調合し、作り上げられたクーベルチュール。
真似できない特別なクーベルチュールは、チョコレートスイーツや料理の材料として活かされています。

Lecture

ピエール マルコリーニによる試食会

限定48名のお客さまに、ピエール マルコリーニによる6つの特別な味のスペシャルな体験をお届け致します。今回のためだけに考案されたスペシャルなコースを試食して頂けます。6つの特別な味にまつわる、とっておきのストーリーをピエール マルコリーニ本人が披露します。

  • 1

    THE WELCOME/ COCOA INFUSION WITH BUDDHA HAND

    ウエルカム 煎じたカカオ 柑きつ添え

  • 2

    FRESH GANACHE ON BRICK SHEET WITH SHISO LEAF

    フレッシュ ガナッシュの包みもの シソの葉添え

  • 3

    HOT CHOCOLATE WITH YUZU

    ホット チョコレート ユズ風味 

  • 4

    GRAND CRU CHOCOLATE MOUSSE ON SQUASH SEEDS CREAM

    そうめん瓜の種 グランクリュ チョコレートのムースのせ

  • 5

    COCOA INFUSION WITH FRESH MINT

    煎じたカカオ フレッシュミント添え

  • 6

    CAKE WITH RICE FLOUR AND SMOKED TEA

    米粉のケーキとスモークティー

※予定

スペシャルイベントへの参加について

PIERRE MARCOLINI
POPUP SPECIAL EVENT

ティスティングコース 利用規約

1.概要

  • 本プログラムは1月25日(金)~1月27日(日)の期間中、ピエール マルコリーニによる特別メニューをお召し上がりいただくプログラムです。
  • プログラムの所要時間は各回約60分の予定です。
  • 1月25日(金)~26日(土)は(1)12:30~(2)14:30~(3)16:30~の各日3回、1月27日(日)は(1)12:30~(2)14:30~の2回開催となります。

2.受付・参加について

  • 各回定員は6名(予定)となっております。
  • 各日、オープン時間12:00より先着順にて各回の参加パスを配布いたします。
  •  
  • 参加パスをお持ちの方は必ず開始時間の5分前にお越しください。お時間をすぎた場合はキャンセル扱いとさせていただきます。
  • 本プログラムは運営上、16歳以上の方を対象とさせていただいております。あらかじめご了承ください。
  • 見学のみの参加はお断りさせていただきます。
  • ※その他、参加にあたっての詳しい注意事項は受付時にお知らせします。
  • 当イベントは無料でご参加頂けます。

3.その他

  • イベントスペース内に予告なく取材や撮影が入ることがあります。お顔を撮影されては困るという方は当日、スタッフまでお申し出ください。また、撮影した写真やビデオを媒体等に掲載する場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 食物アレルギーへの対策として、メニューの代替対応や使用器具の使い分け等は行っておりません。アレルギーをお持ちの方は、ご自身の責任でご参加ください。なお、使用食材につきましては、受付時にお問い合わせください。
  • プログラム参加中の貴重品の管理はご自身の責任で管理してください。紛失・盗難等、事故やトラブルについては当社では一切の責任をおいませんのでご了承ください。
  • その他、当イベント開催期間内において発生した一切の事故や怪我・病気などの責任を負いかねますことをあらかじめご了承ください。
  • 主催者判断により、予告なくプログラムを中止、内容や時間の変更をする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • JAN25FRI

    CHEF 安田翔平

    菊芋チョコチップス

    薄くスライスした菊芋のチップスに鹿味噌を塗り、クーベルチュールをディップ。その上に発酵ポルチーニと白トリュフパウダーをのせて塩気と甘みと香りを楽しめる。

    1,200円(税込)
    200個 限定

  • JAN26SAT

    SOMMELIER 江本賢太郎

    備長炭ガナッシュ

    溶かしたクーベルチュールに生クリームや備長炭オイルを加え、ガナッシュ状に。その上に山椒をのせてお好みでホットミルクやホットウイスキーをかけてドリンクにしてもよし。

    1,200円(税込)
    200個 限定

  • JAN27SUN

    PATISSIER 中村樹里子

    黒豆のチョコレートケーキ/
    ゆずと焙じ茶のチョコレートクッキー/
    発酵ベリーのチョコレートマカロン
    黒豆のチョコレートケーキ/ゆずと焙じ茶のチョコレートクッキー/発酵ベリーのチョコレートマカロン

    kabiの代名詞でもある発酵をさせたベリーが入ったマカロン、柑橘とお茶の香りが和を感じさせるクッキー、ふっくらとした黒豆としっとりとした食感が新しいケーキ。スペシャルな詰め合わせセット。

    1,500円(税込)
    250個 限定

Process

チョコレートができるまで

ピエール マルコリーニはカカオ豆の仕入れたあともオリジナルのチョコレート作りを行っています。焙煎や選別、精錬、調合、すべてに至り自分の手で行っています。世界各国の農園から集まったカカオは、アトリエにおいてマルコリーニ独自の理論のもと、10以上の工程を得て、彼の思いが凝縮された作品であるチョコレートへと形を変えるのです。

  • Roasting

    農園で選んだカカオ豆を焙煎することで、カカオ豆が持つ個性的なアロマやフレーバーが醸し出ています。

  • Winnowing

    風の力を利用することで、カカオ豆から外の皮やゴミが取り除かれ、カカオニブを取り出します。

  • Grinding

    滑らかなペースト状にするため、カカオニブをすりつぶします。そこから3種類のミルに通して、さらに細かくしていきます。

  • Conching

    50〜80度で約20時間、ココアバターなどの素材も一緒に入れ混ぜ、練り上げます。そうすることで、香ばしい香りが際立ちます。

  • Tempering

    カカオ豆の温度を調整して結晶の形を揃えます。そして、なめらかでツヤのある口どけの良いチョコレートが誕生します。

  • Mouding

    出来上がったチョコレートを型に流し込み、気泡を取り除きます。ここから24時間休ませると完成です。

Cacao Belt

カカオベルト

カカオは、赤道の南北緯度20℃以内で高温・多湿な地方で栽培され、産地、品種、土壌や気候などにより風味が生み出されます。

Cacao
           Belt

ABOUT
PIERRE MARCOLINI

1964年ベルギー生まれ。
数々の名店で修業を重ねた後、1994年にショコラティエとして独立。
1995年クープ デュ モンド(菓子の世界大会)リヨン大会 ベルギー代表として優勝、
2000年ヨーロッパ菓子職人コンクールローマ大会において見事個人部門でも優勝、
2014年チョコレートの祭典「サロンド ショコラ パリ」にて金賞を獲得すると共に、
ショコラティエの殿堂入りとも言うべき「欠かすことのできない人たち」に選出される。
長年の功績が認められ、2015年ベルギー王室御用達の称号を拝領。
ベルギーを代表するショコラティエ。

ABOUT KABI

2017年12月にオープンした日本料理をベースとしたレストランです。デンマーク・コペンハーゲンから帰ってきたシェフ・安田翔平と、オーストラリア・メルボルンから帰ってきたソムリエ・江本賢太郎の二人が組み、発酵や焦がし、燻製といった日本に古くから伝わる手法を用いた料理と、その一皿一皿に合わせてナチュラルワインや日本酒、カクテルをペアリングとして組み合わせたコース料理を提供することで、日本だけでなく世界中の美食家達を唸らせています。

CHEF

安田翔平

1991年生まれ。大阪の料理学校を卒業後、1年間フランスへ。帰国後、大阪の二つ星レストラン「ラ・シーム」で働く。その後、世界最速で1つ星を獲得した東京・白金台のフレンチレストラン「Tirpse(ティルプス)」でスーシェフを務める。2015年12月から約1年間デンマークのボーンホルム島と首都コペンハーゲンにレストランを構える2つ星レストラン「Kadeau(カドー)」でシェフに。「Kabi」は日本の食材を発酵させた料理を味わえる店として世界で注目を浴びている。
『 Forbes Japan』「30 UNDER 30」でアーティスト部門に選出。その他にも『CN TRABELLER』が選ぶ「THE BEST NEW RESTAURANTS IN THE WORLD 2018」にも登場。

SOMMELIER

江本賢太郎

1989年生まれ。大阪の料理学校卒業後1年間フランスへ。ミシュラン2つ星レストラン「Maison Decoret」で研修。帰国後銀座の名店「レカン」、麹町「オープロヴァンソー」でサービス、ワインを学び、カリフォルニアUCデービスへ留学。その後オーストラリアにてワイン醸造を経験し、2015年メルボルン「NORA」 マネージャーシェフソムリエを務める。「Kabi」では安田の料理の最大の理解者として、どの料理にも合うアルコールペアリングメニューの開発を手がける。

PATISSIER

中村樹里子

大阪出身。関西の洋菓子店などを経て、29歳で単身渡仏。パリではシェフパティシエとして、「L'Instant d’Or(ランスタン・ドール)」を1年でミシュラン1つ星に導いた。帰国後は、史上最短でミシュランを取得した「TIRPSE(ティルプス)」(東京・白金台)に参加。軽やかでいて深みのあるデザートの味わいには、国内外からの評価も高い。2015年には「TIRPSE」のランチタイムを1年間限定で「KIRIKO NAKAMURA」とし、6品の季節感あふれるデザートコースが好評を博した。2017年に安田と結婚し、「Kabi」のメンバーに。コースのデザートメニューの開発、11月に「Kabi」の二階にオープンするカフェのメニュー開発も担当。

BEAN TO HOME
POP UP STORE

THE FLAT
東京都渋谷区神宮前 5-16-13

[期間限定]
2019年1月25日(金)・26日(土) 12:00〜20:00/27日(日) 12:00〜17:00

MAP

COUVERTURE

希少価値の高いカカオから作られたクーベルチュール

Share
Share