【生チョコレートのレシピ】とろけるバレンタインスイーツの作り方 2019.01.16

舌の上でとろける口どけが魅力的な「生チョコレート」のレシピをご紹介します。手間がかからず、上品に仕上がるバレンタインスイーツ、生チョコレート。ラムやウイスキーなどの洋酒との相性も抜群です。
【難易度】 ★ ★ ★ ☆ ☆

【完成量】 2cm×2cm 約49個分

生チョコレートに必要な材料・器具

■ 材料

クーベルチュールチョコレート
(フレーク状のもの)
212g
生クリーム(乳脂肪分35%) 180g
水あめ 30g
グラニュー糖 34g
無塩バター 59g
ココアパウダー 適量

おすすめのクーベルチュールチョコレート

ベネズエラ チュアオ リミテッド エディション
70g入り

■ 器具・道具

四角いバット(深さ 約1.5cm、15cm×15cm)
ボウル
ホイッパー
ゴムヘラ
包丁
オーブンシート
温度計

生チョコレートを作りはじめる前の下準備

  • ・バターはサイコロ状に切り、常温に戻しておく。(ポマード状の柔らかさになるまで)

  • ・バットにオーブンシートを敷いておく。

生チョコレートのレシピ

  • 1. ボウルにクーベルチュールチョコレートを入れ湯せんにかけ、溶かす。

  • 2. 鍋に水あめ、グラニュー糖、生クリームを入れて火にかけ、沸騰直前まで温める。

  • 3. 1.をホイッパーで混ぜながら、2.を少しずつ加え、よく混ぜ合わせて35℃まで冷ます。

  • 4. 柔らかくポマード状にしたバターを加え、全体的に艶が出てくるまで、ホイッパーで静かによく混ぜ合わせる。

  • 5. オーブンシートを敷いたバットに、4.を流し込む。

  • 6. 冷蔵庫で、一晩しっかり冷やし固める。

  • 7. バットからシートごとはずし、温めた包丁で約2cm×2cmにカットし、ココアパウダーをまぶしてコーティングすれば完成。カットの際、1回ずつ包丁をふき取るときれいに切ることができる。

生チョコレートの保存方法

冷蔵庫(10℃以下)で保管してください。また、保存料などを使用していませんので、できるだけお早めにお召し上がりください。